人気ブログランキング | 話題のタグを見る

静かな学校とバイオリンとの出会い

10日からフィレンツェのあるトスカーナ州は、イエローゾーンになりました。

イエローゾーンになると、外でのマスク使用が義務になり、レストランなど1テーブルに4人まで着席になるなど、ホワイトゾーンの時よりも少しだけ制限が増えます。

今までも外ではマスクをしてたので、イエローゾーンになった変化は感じませんが、10日からはバールの外席でもワクチン証明書が必要になるので、ワクチンを1回接種してあまりの体調の悪さに2回目を未だに接種していないお友達と、外では会えなくなり不便だねと話しています。

学校初日は、コロナ陽性でお休みだったり、濃厚接触者として隔離中、ワクチン接種に行くからなど、20名中3名がお休み。

感染者や濃厚接触者が増えているので、おやつ休憩時間はお友達との距離を保つため、席からは移動できなくなったそうで、クラスがとても静かになったそうです。

このところ、感染者や濃厚接触者の話をあちらこちらで聞くようになり、なんだか急にコロナを身近に感じるようになっているフィレンツェです。


さて、生徒さんの一人が楽器選びで迷っているので、昨日はまたバイオリンの弾き比べをしました。
静かな学校とバイオリンとの出会い_b0179774_20173906.jpg
1700年代、モダンイタリア、新作のイタリア製バイオリン。

生徒さん、楽器の名前、作られた年代、どんな音かノートにメモをしていて、「この楽器は以前弾いた○○と似ている」とか、過去に弾いた製作者の名前をしっかり憶えていて、「家業を継いで楽器商になれるね。」と笑って話していました。

今まで試した楽器は10挺ほど。

手作りされたバイオリンは、とても謎めいた部分があり、まさに出会いという感じで、まるで楽器も人を選んでいるような感覚を覚える事があります。

良い楽器との出会いがあるといいけれど、どうなることでしょうか。





by caianina | 2022-01-11 20:43 | ヴァイオリン

フィレンツェ短期アパート情報、バイオリンコンクールや海外子育て、について綴っています。バイオリン・イタリア語オンラインレッスンを始めました!


by caianina